2018年2月2日金曜日

「ンガルヨッド」



ンガルヨッド(ンガリョド)

オーストラリアのグヌィング族の神話に登場する虹蛇。母神「インガルナ」の長男である。天候を司り、乾期の間は水を吸い上げ、蓄えた水を雨期に吐き出している。また、子供の泣き真似をして、人間を飲み込むこともある。

出典:
神様コレクション
幻想世界事典

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

カッコいい絵ですね
個人的には 創作神などもあればいいかもです
例えば 桜と梅を司る 神「桜梅命(おうばいの命)」 春を知らせ 春の終わりを告げる
神です