2018年5月13日日曜日

「雷神」と「すねこすり」

(ただいま画像を準備中です。もうしばらくお待ちください)

雷神(ライジン、イカヅチノカミ)<雷様(カミナリサマ)、雷電様(ライデンサマ)、鳴神(ナルカミ)、雷公(ライコウ)>


日本の民間信仰や神道における雷の神。『古事記』に記された神話の中では、「伊邪那美(イザナミ)命」の身体に生じた8柱の雷神「火雷大神(ホノイカヅチノオオカミ)」が有名である。「風神(フウジン)」と対で描かれることが多く、「俵屋宗達(タワラヤソウタツ)」の『風神雷神図(フウジンライジンズ)』を代表例に、牛の角を持ち虎の革のふんどしを締め、太鼓(雷鼓)を打ち鳴らす姿が馴染み深い。「菅原道真(スガワラノミチザネ)」は死して天神(雷の神)になったと伝えられる。民間伝承では、恐れと親しみを込めて「雷様」と呼ぶことが多い。落ちては人のヘソを取る、と言い伝えられている。雷様から逃れるための方法は、蚊帳に逃げ込む、桑原(くわばら:菅原道真の亡霊が雷さまとなり、都に被害をもたらしたが、道真の領地の桑原には雷が落ちなかったと言う伝承から由来)と唱える、などが伝えられる。この姿は鬼門(艮=丑寅:うしとら)の連想から由来する。『大津絵(オオツエ)』の中では、雲の上から落としてしまった太鼓を鉤で釣り上げようとする雷様がユーモラスに描かれている。

出典:
Wikipedia

作者ひとこと:


(ただいま画像を準備中です。もうしばらくお待ちください)

すねこすり


岡山県小田郡に伝わる、妖怪の一種。犬の姿をしており、雨の降る夜に現れ、夜中道を歩いている人の股間(足の間)をこするとされる。こすられた人間は歩きにくくなってしまうが、それ以外に特に危害を受けることはない。すねこすりの最古の記録は『現行全国妖怪辞典』が初出とされる。岡山県後月郡芳井町(現・井原市)には似たもので「すねっころがし」という、夜の闇にまぎれて歩行者の足をひっぱって転ばせる妖怪の伝承があり、すねこすりが人に特に危害を加えないという説とは異なり、すねっころがしのために転倒して子供が鼻を痛めた話もあるという。漫画家の水木しげるは、著書に、伝承としての「犬のようなもの」という記述を採用しているが、挿絵や漫画『ゲゲゲの鬼太郎』では、体を丸めて耳を伏せた猫の姿に描写しており、類似したデザインの猫の根付が知られている。水木が関わった映画『妖怪大戦争』(2005年版)でも、黄色と白の毛の塊で可愛らしい目をしたすねこすりが多数登場し、登場人物から「猫?」と言われるものの、水木の画ほどは猫に似ておらず、丸まりもしない。

出典:
Wikipedia

作者ひとこと:

0 件のコメント: